プロフィール

飯野好明

 大宮中央総合病院 産婦人科部長

 三洋ホームズ テクニカルアドバイザリースタッフ 


自己紹介: 

 どの会社でも、実際に皆様のご相談窓口となるのは、各社の営業マンや設計士、インテリアデザイナーですが、そうした方々が実際その会社の家に住んでいることは少ないのです。実際に住んでいる人こそ、その会社の家の良し悪しを一番よく知ってる。それをこれから建てる方々に伝えていってもらおう。そうした考えから三洋ホームズでこだわりの家を建てた方々がアドバイザリースタッフとなり、会社スタッフとお客様とトライアングルを組んでよりよい家作りに日夜邁進しております。私も現在は、医療活動の傍ら三洋ホームズのテクニカルアドバイザリースタッフの一人として活動しています。よろしくお願いいたします。

 

三洋ホームズとの2人3脚で我が家をたててから10年がたち、 震災などもありこの本でご紹介してきたオール電化の太陽光発電システムと24時間冷暖房換気システムを基調とした家つくりは、電力の浪費だ、贅沢三昧だとご批判をうけ、いつしか更新を自粛するに至りました。しかし最近になって、”本を読んでこういう家をつくってみたかった。””24時間冷暖房換気システムは実は省エネなのでは?”などのご意見をお聞きする機会を多く得ました。太陽光発電システムは手の入リ安い価格となり、売電インフラも手伝って積極的にとりいれるご家庭も増えています。あらためて10年住んだ我が家の経験とこの10年で新しく得た知見を生かして、このサイトからみなさんの家つくりのお手伝いがしたい。10年たっても私たちの夢のある家の考え方は少しも変わってはおりません。どうか、ご参考にしてすばらしいご邸宅をお建てください!

サイト内検索